中国OEM/ODMで月収100万円稼ぐ方法

中国輸入

前回のブログで、資金30万円以上ある人はOEM販売を
行った方がいい
と書きました。

 

【永久保存版】未経験で副業を始めて月収10万円になる方法

 

今回はOEM販売のやり方やメリット・デメリットについて紹介します。

 

後藤寛
後藤寛

OEM販売こそ、1日1時間以下の作業で
月収100万円を稼ぐための方法です!

 

OEM/ODM販売のメリット・デメリット

OEM/ODM販売のメリット

OEM/ODM販売(以下オリジナルブランド販売)のメリットは、なんといっても
ライバル不在で高利益で稼げる点です。

 
 
オリジナルブランド販売は、現在ECサイトで販売されている人気商品の
問題点を改善した、ワンランク上の商品を販売する事
です。
 

元々人気のある商品のバージョンアップ版を作れば、
顧客は喜んでその製品を購入してくれます。

 

さらに上位商品である事を商品ページでアピールする事で、
ライバルの商品が呼び水になって自分の商品がガンガン売れていきます。
 

他の商品よりワンランク上の商品なら長く売れるので、
1商品を長期間・高利益で販売することができます

OEM/ODM販売のデメリット

オリジナルブランド販売はメリットばかりではなく、
もちろんデメリットもあります。

 
既存の商品を改良するため、製造にはまとまった数量(ロット)で仕入れる必要があります。

 

注文の前にサンプルを作ってもらう必要もあるので、
商品販売の準備に1~2か月ほど時間がかかることもあります。

 

また商品を販売するためには商品ページの作り込みや、
SEO対策をして商品を見てもらえるようにする必要があります。

 

商品の販売までに時間と資金が必要なのがオリジナルブランドのデメリットといえます。

 

しかしそれだけに資金ややる気のない人はなかなか始められず、
ライバルが意外と少ないビジネスでもあります。

 

準備が大変な分、商品が売れるようになると後はほったらかしでも商品が売れるようになり、1日1時間以下の作業時間でも利益を確保できるようになります。

 
 

最初は大変でも、だんだん楽になっていくのがオリジナルブランド販売です。

OEM /ODM 販売の種類

オリジナルブランド販売は自由度が非常に高く、
パッケージをつける程度の簡単な改良から商品の仕様そのものを変える事もできます。

 

どのような改良を行うかは、あなたの資金や商品によって変えていくのがベストです。

 

ロゴやパッケージをつける

タオバオ・アリババで販売している商品にロやパッケージをつけることも、立派なOEMの一つです。

 

すでに販売されている商品に外装をつけるだけなので非常に簡単で、
仕入れ数も最低1個から可能です。

 

ロゴはスタンプを作成して、金属にも押せるインクを使えばどの商品にも対応できます。

 

シヤチハタ 強着スタンプ台 タート ATGN-2-K

 

 

 

パッケージと言っても箱のような本格的な物ではなく、
A4用紙に表紙を印刷したものをつけるだけでもOKです。

 

例えばドン・キホーテで販売しているコスプレ衣装は、
中国から仕入れたコスプレ服を透明袋に入れて、表紙をつけただけです。

ドン・キホーテコスプレコーナー

 

表紙は中国の工場でも作ってもらえますし、
日本でもラクスルなど印刷してくれる場所はたくさんあります。

 

https://raksul.com/

 

私はこれを簡易OEMと呼んでおり、手軽にできるオリジナルブランド販売として今でも行っています。

 

セット販売を行う

商品と相性のいい商品を組み合わせるセット販売も、アマゾン販売では有効です。

 

 

例えばこの商品は靴磨き用のグッズをセット販売しています。

 

単品で販売する事もできますが、セット販売する事で販売額も上がりますし、
まとめて配送できるので配送料も抑えられて利益率も上がります

 

セット販売の注意点は、セットにする商品は必ず顧客が欲している商品を組み合わせる事です。

 

例えば「歯ブラシ」と「整髪料」をセットにしても、
ニーズが一致していないので単品で販売するより売れなくなります。

 

問題点を改良する

簡易OEMもセット販売も立派なオリジナルブランド販売ですが、
商品自体はタオバオやアリババで購入できるので、ライバルに真似される可能性があります

 

最も安全かつ高利益で稼ぐためには、
問題点を改善した商品を中国で製作してアマゾンで販売するべきです。

 

商品を改良というと難しく考えがちですが、
中国の工場ではポケットを追加する、サイズを変更するなどの改良は当たり前に行われており、連絡すれば高確率で応じてくれます

 

商品にもよりますが、早ければ依頼して2週間くらいで納品してくれるので、
航空便で配送すれば1か月以内に販売スタートできます。

 

改良した商品ならタオバオ・アリババに売っていない商品なので、
自分だけが独占販売することができ、相乗りの心配もありません

 

OEM /ODM販売のやり方

OEM/ODM販売が安定して稼ぐ方法である事はわかってもらえたと思います。

 

しかし簡易OEMやセット販売は少数仕入できますが、
改良をする場合どうしてもまとまった数量での注文が必要になります。

 

中国工場も生活があるので、商品にもよって異なりますが最低でも数100個、
場合によっては数千個のロットを要求される事もあります

 

交渉や工場、あるいは商品を変える事でロット数は減らせますが、
少数販売ではOEM/ODMのメリットを活かせないので、やはり1商品大量販売を目指すべきです。

 

オリジナルブランド販売で大切なのは事前のリサーチをしっかり行い、
多く売れるかつ自分が販売して勝てる商品を見つけること
です。

 

OEM販売は、準備段階で8割勝負が決まっていると思って取り組んでください。

 

製品に改善点がないかレビューチェックする

オリジナルブランド販売用の商品で一番大切なのは、レビューチェックして改善点を探す事です。

 

アマゾンや楽天などのプラットフォームでは商品に
お客様のレビューが掲載されています。

 

オリジナルブランド販売は、レビューをチェックして
改善・改良できる所を探します。

 

多くの顧客が不満に思っている点を改良した商品を販売すれば、
自然と顧客の求めている商品を売る事
になります。

 

レビューのような「お客様の声」は、本来モニターを集めたり
アンケートをしないと集められないものでした。

 

しかし今はネットを見れば無料で大量に見ることができるので、遥かにやりやすくなっています。

 

中国のストアに交渉する

改良点が見つかったら、今度は中国の工場に価格と数量を確認します。

 

交渉に関しては、タオバオ・アリババでOEMしたい商品を
販売しているストアに直接連絡するのがいいです。

 

タオバオ・アリババのストアは問屋や工場が直接やっているケースが多く、
特にアリババは元々BtoB(会社間取引)を行うECサイトなので、
製品の製造・改良はお手の物です。

 

「OEMしてほしい」と連絡すれば、たいていの工場はOKしてくれます。

私が初めて依頼した時も、すぐ数量と価格の連絡をしてくれて
ビックリした記憶があります(笑)。

 

 

工場から返答が来たら、後は数量と価格が自分の資金や販売計画の範囲内かをチェックします。

 

同じ商品でも工場によって数量も価格も全然違うので、数社に同時に見積もりを取った方がいいです。

 

私はOEMしたいある商品を複数の工場に確認したところ、
ある工場には最低5000個を要求されましたが、
別の工業からは600個でいいという返答がありました。

 

そのくらい向上によって差があるので、一つの工場で
ロット数が多すぎたといってすぐに諦めない方がいいです。

 

ストアへの連絡は自分で行う事もできますが、
時間がかかる上にうまく伝わらないこともあるので代行会社を利用した方がいいです。

 

オススメの代行会社はこちらで紹介しています。

オススメの代行会社5選

https://gotohirosi.com/%e3%82%aa%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a1%e3%81%ae%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%ef%bc%95%e9%81%b8

 

サンプルを作ってもらい、品質を確認する

OEM商品を作ってもらう前に、必ずサンプルを作ってもらって
品質のチェックを行ってください

 

サンプルは別途費用が掛かりますし自宅に送ってもらうのは
送料も時間もかかるのでやらない人も多いですが、必ず行うべきです。

 

サンプルを確認せずに生産すると品質の悪い商品が届き、
大量の不良品を抱え込んで返品が頻発したり、最悪アカウント停止になります

 

どうせ販売するなら、自分が納得できる製品を扱うべきですし、
顧客にも自信を持って販売することができます。

自分の好きな商品、趣味の商品を扱う

中国では作れないものはないというくらい、様々な商品を販売できます。

 

そのため、自分の趣味や好みの商品を扱うのもオススメです。

 

自分の好きな物なら最初から商品知識がある状態でスタートできますし、
顧客目線で改良を行うことができます。

 

なにより好きな物を販売できるので、ビジネス自体を楽しめます

 

注意しなければならないのは、自分がどれだけ詳しいジャンルであっても、
必ずレビューチェックやリサーチをして却下的に改良点を見つける事
です。

 

こだわりの商品はつい感情が入ってしまいがちですが、
コーヒー好きが脱サラしたコーヒーショップがすぐ潰れるように、
自分の希望的観測を入れた商品は失敗する確率が高いです。

 

商品知識がある事は非常に有利ですが、商品選定はあくまでデータ重視で行いましょう。

まとめ

  • OEM/ODM販売すれば、高利益かつ長期間売れる商品が作れる
  • OEM/ODM販売 の種類を把握する
  • カスタマーレビューをチェックして改善点を見つける
  • 注文の前に必ずサンプルを確認する。

 

オリジナルブランド販売を極めれば、
一生食いっぱぐれないスキルを身に着けられます。

 

それだけにやる事は転売より遥かに多いですが、
利益率・安定性・発展性は転売とは比べ物にならないので
必ず取り組むべきです!

 

 

メルマガ登録はコチラ(完全無料)

*メールアドレス

コメント

  1. […] 中国OEM/ODMで月収100万円稼ぐ方法前回のブログで、資金30万… […]

  2. […] 中国OEM/ODMで月収100万円稼ぐ方法前回のブログで、資金30万… […]

  3. […] 中国OEM/ODMで月収100万円稼ぐ方法前回のブログで、資金30万… […]

  4. […] 中国OEM/ODMで月収100万円稼ぐ方法前回のブログで、資金30万… […]

  5. […] 中国OEM/ODMで月収100万円稼ぐ方法前回のブログで、資金30万… […]

  6. […] 中国OEM/ODMで月収100万円稼ぐ方法前回のブログで、資金30万… […]

タイトルとURLをコピーしました