中国輸入の代行会社でイーウーパスポートをおすすめする理由

中国輸入
中国輸入 代行 oem
イーウーパスポートの詳細(紹介者に「後藤寛」と書くと初月無料)

こんにちは。
中国輸入&カードゲーム販売の専門家、後藤寛です。

 

私は中国輸入では、「イーウーパスポート(YP)」という配送代行会社を利用しています。

 

現在中国の配送代行会社は無数にありますが、その中でサービスと信頼性が最も高いのがYPです。

 

日本人が代表をしており、スタッフも日本人や日本語の出来る中国人が在籍しており、やり取りもスムーズです。
また日本に会員限定で使える倉庫やコワーキングスペースもあり、国内倉庫や卸販売、果ては海外展開も行うことができます。

 

1つの代行会社で世界中を販路にできるサービスというのはなかなかなく、私もフル活用させてもらってます!

 

今回やイーウーパスポートを利用する理由とメリット・デメリットについて解説します。

中国の代行会社って騙されたりしないの?

後藤寛
後藤寛

信頼できる場所なら心配無用です!

中国輸入の代行会社イーウーパスポートとは?

イーウーパスポートは、中国の問屋街であるイーウー・広州を拠点に持つ配送代行会社です。

 

イーウーパスポートは中国の会社ですが、代表は佐藤大介さんという日本人の方で、私も一緒にお茶したりする仲です。

 

会社には日本語のできる中国人はもちろん日本人の常駐スタッフがおり、数ある代行会社の中でも安心してお勧めできます。

 

今回の記事ではそんなイーウーパスポートを利用するメリットや注意点について解説します。

 

今回の記事でわかる事

✅イーウーパスポートを利用するメリット
✅イーウーパスポート利用時の注意点
✅イーウーパスポートの活用方法

 

中国輸入の代行会社イーウーパスポートを利用するメリット(仕入編)

イーウーパスポートを利用すれば、中国輸入&OEM/ODMを圧倒的にスムーズに進めることができます。

 

イーウーパスポートは仕入・配送・FBA納品はもちろんですが、海外への配送や中国・日本で在庫を保管できたり、事務所としての活用もできます。

 

単純な中国輸入転売だけではなく、世界中への販路拡大や卸販売・BtoBなどビジネスを広げることが可能です。

 

タオバオ・アリババ・問屋街などあらゆる場所から仕入が可能

イーウーパスポートではタオバオ・アリババの有名は中国仕入れサイトは当然、問屋街など中国内のあらゆる仕入れ先から商品を探してくれます。

 

仕入れ金額や数量の交渉もスタッフが行ってくれるので、中国語が全くできなくても中国輸入をスタートさせることができます。

 

イーウーパスポートは月額料金がかかりますが、その分買付手数料は無料です。

 

普通の配送代行会社は、仕入れ時に仕入額の7~12%を要求されるのが普通です(後述)。

 

仕入金額が増えるほど代行手数料の金額も上がるので、売り上げが増えるほどイーウーパスポートの代行手数料無料は大きなプラスになります。

  

専任担当者制で、いつでも同じスタッフに連絡可能

イーウーパスポートは専任担当者制となっており、常に同じスタッフとやり取りすることができます。

 

昨日と今日でスタッフが違うと連絡のやり直しになりますし、情報伝達のミスなどトラブルに繋がります。

 

イーウーパスポートは常に同じスタッフとチャットワークでやり取りができるので、他の代行会社に比べてスタッフとのやり取りがスムーズになります。

 

中国輸入が軌道に乗ってくるとパッケージ化やOEM/ODMを考えるようになるため、 専任担当者制なら取り組みやすいのもメリットです。

 

日本人スタッフも常駐で問題発生時も安心

イーウーパスポートの従業員は全員日本語の出来る中国人なので、中国語ができなくてもやり取りができます。

 

さらに日本人スタッフも常駐しているので、中国スタッフでは対応しきれない日本の問題が起こった時も安心です。

 

中国輸入の代行会社イーウーパスポートを利用するメリット(配送編)

中国から商品を仕入れるということは、日本に荷物を配送してもらう必要があります。

 

欧米やヨーロッパに比べて中国は日本から近いのため、航空便なら早ければ2~3営業日ほどで日本に到着します
このスピーディーさも中国輸入の魅力です。

 

イーウーパスポートは1箱の配送からコンテナによる大量配送まで行えるため、個人・法人問わず利用でき、しかも送料も格安です。

 

1個からの仕入、1箱からの配送も可能

イーウーパスポートは個人の利用者が多いため、1個からの仕入・1箱からの配送に対応しています。

 

中国輸入→メルカリ転売は凄く稼ぎやすいものの仕入れ数が少なくて配送費がかかるのがネックですが、イーウーパスポートなら1箱仕入に対応しているので安心です。

 

メルカリなどのフリマアプリで販売する初心者でも活用できます。

 

月間150トン以上の出荷で配送料も格安

イーウーパスポートは月間150トン以上の荷物を配送しています。

 

そのため、多くの配送会社と契約することができ、スケールメリットで配送料も低く抑えています。

 

以下、イーウーパスポート公式サイトからの引用です。

航空便は17元/kg〜、OCS、中国流通王(スコアジャパン)、DHL、EMS、佐川急便など10社以上からお好きなものをご選択いただけます。

船便は7.5元/kg〜、コンテナ貸切(20ft、40ft)、混載便、1箱から格安の快速船便など業界最多のラインナップからお選びいただけます。

 

ここまで価格を抑えられる代行会社は他にないと言ってもいいレベルですし、配送方法も多彩です。

 

私は最初はスピード重視で航空便で毎週配送してもらっていましたが、現在は2か月に1度船便かコンテナ便で送料を抑えてコスト削減を行っています。

 

自分の売上や資金に応じて配送方法を変えられるのは副業・ビジネスどちらでも強い武器になります。

 

中国輸入の代行会社イーウーパスポートを利用するメリット(販売編)

中国輸入をする以上、商品が売れなければ意味がありません。

 

イーウーパスポートの代表はネット物販を行っているので、物販プレイヤーのニーズをしっかり理解してくれています。

 

アマゾンFBA倉庫への直接配送はもちろん、日本の倉庫&仕事スペース貸し出しや、アメリカなど海外の配送にも対応しています。

 

主な内容としては以下になります。

✅FBA作業(ラベル貼付、FBAセンターへの直接納品)
✅ OEM、ODM、パッケージ制作(簡易OEMから本格的なODMまで)
✅ プロの写真撮影(1枚7元〜の実費のみ!)
✅ 中国元の格安レート(他社と比べてください)
✅ 現地仕入れアテンド無料(月3日間まで無料、空港送迎も年2回まで無料)
✅ 仕入れツアーや各種セミナーの割引優待 

 

アマゾンFBAに直接配送可能で、余計な配送コストを削減

中国で仕入れた商品を、アマゾンのFBA倉庫に直接配送することができます。

商品ラベル貼りもイーウーパスポートが中国で行ってくれるので、自分で商品を確認することなく商品を販売することができます。

 

また商品の検品も依頼すればしてくれるので、不良品を販売してしまうリスクを大幅に削減できます。

 

商品のセット化・パッケージ化も可能

中国製品は価格が安いため、セット販売やまとめ売りした方が売れやすい事も多いです。

 

ネット通販は商品が売れたら必ず配送を行うため、小さい商品はまとめ売りしたほうが送料が抑えられて利益も上がります。

 

イーウーパスポートは商品をセット化してくるのでまとめ売りもしやすいです。

 

またパッケージを作成して商品を梱包してもらう事もできるので、ビジネス拡大の大きな助けになってくれます。

 

中国輸入の代行会社イーウーパスポートを利用するメリット(特典編)

イーウーパスポートに入会すると、特典として以下の3つの特典プレゼントが突きます。

 

①中国輸入ビジネスの教科書

代表の佐藤大介さんの著書「中国輸入ビジネスの教科書」を無料で読むことができます。

オリジナル商品の製作方法や販促方法も紹介しているので、初心者だけでなく経験者の方にもオススメの1冊です。

  

②セミナー動画

書籍だけではなく、セミナーでも中国輸入を学ぶことができます。

実例付きで紹介しているのですぐに中国輸入のコツが掴めます。

初級編(初心者向け)、応用編(オリジナル商品編)で合計2時間半の動画が無料で見ることができます。

 

このセミナーは本来受講料3万円なのですが、入会者は無料でみることができます。

 

公式リサーチシート

金額や重量を入れる事で、国際送料込みの輸入原価や手取りの純利益が簡単に計算できます。

リサーチツールはネット物販の基本にして生命線なので、必須のツールと言えます。

 

中国輸入の代行会社イーウーパスポートのデメリット

 

イーウーパスポートを利用する時の唯一のデメリットと言えるのは、月額費用が掛かる事です。

 

私は「中国輸入をしたい」という人から相談を受けるとイーウーパスポートを紹介するのですが、この月額費用で躊躇する人が非常に多いです。

 

ゴールド会員で月額29,800円(2020年11月時点)なので、初心者が悩むのもわかります。

 

ただその代わり、イーウーパスポートでは買付手数料が常に無料という大きなメリットがあります。

 

仕入時にかかる代行手数料はおよそ7~12%と言われています。
平均10%とした場合、仕入価格30万円以上になると月額費用を上回ります。

 

30万円というと大きく感じがちですが、中国輸入(というよりネット通販)を続けると月の仕入れ金額が30万円以上になる事は珍しくないため、売上が増えるほどこのメリットは大きくなります。

 

さらにイーウーパスポートは送料が安いため、配送コストを含めるとさらにお得になります。

イーウーパスポート 代行 配送
イーウーパスポートの詳細

 

イーウーパスポートの活用方法

中国輸入を始めるなら、私はイーウーパスポートを利用する事を強くお勧めします。

 

私は代行会社をイーウーパスポートにしたことで、ビジネスを一気に加速させることができました。

 

この項目では、5年以上イーウーパスポートを利用している私がどのように活用しているかをお伝えします。

 

まずは初月無料のゴールド会員から

イーウーパスポートのゴールド会員入会時、初月無料になります

 

入会したら特典の書籍とセミナーを見て、すぐにリサーチを始めてください。

あるいは入会前にリサーチを行って、仕入れる商品を決めておくと良いです。

 

無料の初月期間中に売上が出ればスタートダッシュを好調に切れますし、月額料への不安もなくなります。

 

国内倉庫を利用して他の販路や卸販売に

イーウーパスポートは中国・日本共に在庫保管用の倉庫があります。

 

メルカリ・楽天・ヤフーストア・BASEといった別の販路に販売したい場合、国内倉庫に預けて売れたら配送を依頼するという事もできます。

 

問屋など卸販売のルートがあれば、国内倉庫に在庫をストックしておくのも手です。
(アマゾン倉庫に預ける場合商品ラベルが必要なので、卸販売がしにくい)

 

楽天・ヤフーストアの販路拡大の場合、セールモンスターなら300商品無料で販売できるのでそちらを使ってもいいです。

 

 

なんにせよ、国内に倉庫があるのは販路拡大の面でも非常にありがたいです。

 

コワーキングスペースを利用して都内をプチ事務所化

 

イーウーパスポートは都内にも事務所があり、会員は事前予約する事でコワーキングスペースとして利用する事ができます。

 

都内で打ち合わせをする場合やちょっとした仕事をしたい場合、カフェよりも集中できるので非常に便利です。

 

関西や地方に住む人が東京に来た時も利用できるので助かります。

 

月のFBA納品数など経費が上回ったらオフィス会員に

売上が上がってくると仕入れ数も増え、ラベル貼りなどの経費がバカにならなくなってきます。

 

一つの基準ですが、月の経費が5万円を超えてきたらオフィス会員に登録する事をオススメします。

 

オフィス会員とは、イーウーパスポートのスペースを借りて自分専用の事務所にでき、専用スタッフを雇用することができます。

 

雇用の募集もイーウーパスポートが行ってくれますし、面接もZoomで自分が直接行えます。

 

スタッフは基本的に給与製で雇用しますが、月の経費が給与を下回っていればむしろメリットになります。

 

またスタッフに工場の交渉やリサーチを任せることができるため、OEM/ODMがしやすくなって事業を大きく拡大できます。

 

 

まとめ

中国輸入の代行会社なら、イーウーパスポートを利用するべき!

 

今回はこの一言に尽きます(笑)

 

今回の記事を書くためにイーウーパスポートの事を改めて調べてみたのですが、サービスが充実しすぎていて驚きました。

 

都内事務所や倉庫など使っていないサービスも多いので、そちらの活用を私も検討します!

 

中国輸入は非常に安い価格で仕入れができ、メルカリ転売・Amazon販売がしやすく、自社ブランド販売で高利益&長期的に安定したビジネスができるので、めちゃくちゃオススメです!

 

まずはやり方を知りたいという方は、私のLINE@を登録して無料講座を受け取ってください。
(講座専用ラインなので、その後の勧誘や私のラインは一切届きません)

 

                   無料講座を受ける

タイトルとURLをコピーしました