【遊戯王】BOX仕入れをするなら+1ボーナスパックを選択すべき理由【カードゲーム】

カードゲーム販売・投資
カードゲームの売り方を学ぶ

 

こんにちは。
「世界一簡単なカードゲーム販売の教科書」の著者、後藤寛(ごとうひろし)です。

 

 

2020年に発売されている遊戯王のBOXですが、購入するなら初回生産限定版の+1ボーナスパックにするべきです。

 

初回限定版は左上に「+1ボーナスパック」と書かれています!

 

 

 

+1ボーナスパックって何が違うの?

後藤寛
後藤寛

5万円以上の激レアカードが当たる可能性があります!

遊戯王の+1ボーナスパックとは?

2020年以降に発売された遊戯王BOXには、初回生産版にのみ「+1ボーナスパック」が収録されています。

 

通常BOXよりレアカードが1枚多く当たるようになっており、さらに大当たりとして+1ボーナスパックにしか入っていないプリズマティックシークレットレア仕様のカードが入っています

 

「+1ボーナスパック」 のプリシクは過去のカードのプリシク仕様の再録となり、希少性+過去の人気が合わさって登場時から5万円以上の価格がついています。

 

「+1ボーナスパック」が初封入された「RISE OF THE DUELIST」には、遊戯王の主人公が使っていた「竜騎士ガイア」のプリズマティックシークレットレアが封入され、メルカリで初回から7万円超えしており即売り・長期保管どちらも行けるレベルです。

 

 

「RISE OF THE DUELIST」 は他にも高額なカードが当たるので、BOX購入しても元が取れる可能性が高いのも魅力です。

 

BOX自体もプレミアがつく可能性あり

 

数万円の利益が出ると言っても、それは高額なレアカードが当たればの話です。

 

BOX購入すれば一定数のレアカードが当たるので、そちらで利益がプラスになる可能性はありますがあくまで確率です。

 

「+1ボーナスパック」のいい所は、初回生産限定のためBOX本体もプレミア化する事です。

 

実際、2020年3月26日に発売された「PHANTOM RAGE」はすでに3000円ほどプレミア化しています。

 

 

「+1ボーナスパック」はついていませんが、20万円近くまで高騰している「万物創世龍」が当たる「IGNITION ASSAULT」のBOXは定価の倍以上のプレミアがついています。

 

 

+1パックのついている初回限定BOX自体も今後価値が上がる可能性があります。

 

また+1パック単体でもメルカリで数千円で取引されているので、見つけたら購入しておいてもいいBOXです。

 

 

最後に

・+1ボーナスパックの当たりは5万円以上の価値がある
・カードだけでなく、BOX自体もプレミアが付く
・BOXも半年~1年でプレミア化するなど、高騰が早くなっている
・+1ボーナスパック付きのBOXは購入してガチホする価値は十分にあり!

 

結論から言うと、

初回限定生産の+1ボーナスパックつきBOXは購入して損なし!

です。

 

備考欄に商品ページのリンク一覧を用意しておきますので、興味のある方は確認してみてください。

 

また、カードゲームの販売方法を書籍で全て紹介していますので、興味のある方は下の画像をクリックしてください(アマゾンの販売ページに飛びます)。

 

【備考】今回紹介したパック・カードの参考リンク一覧

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] […]

タイトルとURLをコピーしました