OEMなしでも商品をバンバン売るための方法

中国輸入

 

こんにちは。
副業・物販支援専門家の後藤寛(ごとうひろし)です。

 

以前のブログでOEM化せずに新規出品する場合のリスクを解説しました。

 

 

タオバオ・アリババの商品をそのまま新規出品すると、ライバルの商品と差別化ができないのでSEO対策に時間がかかり、あなたの商品を選ぶ理由がないので広告費もかさみます

 

なら新規出品商品を扱うのがダメかというと、そんな事はありません。

 

タオバオ・アリババの商品をそのまま販売しても利益を上げていく方法はあるので、解説していきます。

後藤寛
後藤寛

しっかり工夫すれば、新規出品でも稼げますよ

 

新規出品するだけでは稼ぎにくい理由

まず最初に、なぜ新規出品するだけでは売上や利益が上がらないのかを解説します。

 

ライバルの商品と差別化ができない

中国輸入でリサーチをする場合、アマゾンで売れている商品を探して、同等の物をタオバオ・アリババから購入します。

 

つまりライバルと同じ商品を扱う事になるため、ライバルと全く同じ土俵で戦う事になります。

 

ライバルとの差別化ができないため、商品ではなく商品ページの作り込みや広告で戦う事になり、どうしても労力が増えてしまいます。

 

OEMに比べて労力や広告費がかかり、利益が出てもコストで赤字、という事もありえます。

 

あなたの商品を選ぶ理由がない

品質が同じという事は、顧客はあなたの商品を選ぶ理由がない事を意味します。

 

品質が同じ商品であれば、少しでも安いストアから購入したいと思うのは当然です。

 

そのため価格競争に陥り、利益率がドンドン下がっていきます。

 

後からライバルが参入してくる

タオバオやアリババであなたが購入できる商品は、他のライバルもすぐ仕入・販売ができる事を意味しています。

 

そのためどんどん後続のライバルが出てきて、競争が激化していきます。

 

また中国人セラーや中国工場が出品してくる場合もあり、こうなると価格競争で勝つことは難しくなります

 

タオバオ・アリババの商品を差別化する方法

ただタオバオ・アリババの商品を新規出品しても販売する方法はあります。

 

セット売り

セット売りとは、Aという商品にBという商品をおまけとして付けたり、同じ商品をまとめて販売する方法です。

 

・コントローラーとシリコンケース
・スマホケースと保護フィルム
・ボールペンの10個セット
など

 

関連商品をセット売りする事でお得感が出ます。

 

またネット販売の場合、一緒にして販売する事で送料を抑えることもできます。

 

パッケージ化、説明書をつける

中国から仕入れた商品はパッケージがないか、英語か中国語のものが多いです。

 

日本語のパッケージを作成するだけでも差別化になりますし、顧客にとっても安心感が違います。

 

また日本語説明書をつけることでいいレビューが付きやすくなり、クレームが減るメリットもあります。

 

長期保証をつける

ネットで購入する場合、不良品が送られてくると不安になるお客さんもいます。

 

そのためあえて長期保証を商品ページなどで打ち出すことで、購入率を高めることができます。

 

アマゾンの場合は30日の完全返金保証を付けているので、「30日保証」を商品説明に書いているセラーも多いです。

 

販路を拡大する

アマゾンだけの販売でも十分稼げますが、知名度の拡大と売上増加を目指すなら楽天・ヤフーショッピング・Payマーケット(wowma)なども活用するべきです。

 

セールモンスターを利用すれば、アマゾンで販売している商品を無料で7つのプラットフォームで販売できますし、配送も自動化してくれるのですぐ活用しましょう。

 

 

上記の方法を使えばライバルとある程度の差別化ができます。

 

しかしやろうと思えば誰でもやれる方法なので、差別化としてはあまり強いとは言えません。

 

そのため、次の項目のブランド化と合わせて利用する事をオススメします。

 

ブランド力を高めて選ばれるようにする

 

同じ価格なら、人はブランド品を選ぶ

例えばあなたがイヤホンが欲しいとして、全く同じ品質・価格のソニーとノーブランド品があったらどちらを購入しますか?

 

まずソニーのイヤホンを購入するでしょう。

 

ソニーは家電ブランドとしての長い歴史がありますし、大企業なので保証もしっかりしています。

 

仮にノーブランド品より高かったとしても、「ソニーの商品だから安心」という理由でソニー製のイヤホンを購入する人は多いです。

 

これがブランド力による魅力であり、私たちもブランド力を身に着ける事でライバルより高額で販売しても売れる様になります。

 

ブランド力がつけば、同じ商品をライバルより高額で販売できる

ブランド力がつくという事は、それだけあなたのブランドのファンが増えた事を意味しています。

 

ブランドのファンになってくれた顧客は、

 

・あのブランドの商品だから

・あのお店が売っているから

 

という、価格とは別の理由で購入してくれます。

 

こうなるとビジネスはかなり楽になり、タオバオやアリババの商品をそのまま販売しても、ライバルより高い価格でも売れる様になります。

 

もちろん、品質のしっかりした商品を販売する事が絶対条件です。

 

ブランド力にあぐらをかいて粗悪品を販売すると、あっという間にブランドの信頼が失墜します。

 

ブランド力を高めて将来的には自社ECや卸販売も

ブランド力が上がれば、アマゾン以外でも販売ができます。

自社ECサイトを運営すれば手数料もなくなりますし、卸販売ができるようになれば実店舗販売も可能になります。

 

ブランド力を育てるには時間がかかりますが、その分リターンも大きいのでトライしたほうがいいです。

 

アマゾン販売の相乗り防止にも役立つので、最初はAmazonのブランド登録から始めるといいです。

 

 

 

まとめ

  • 新規出品をただするだけでは稼げない
  • セット売り、パッケージ化、長期保証を付ける
  • セールモンスターで販路を拡大する
  • ブランド力を高めて自分の商品が選ばれる理由を作る

  

今はただ新規出品するだけでは難しくなってきています。

 

ブランド力のアップとOEM化をなるべく早く行い、自分にしか出せない強みを作りましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました