自社ブランドを育てるメリット3選

中国輸入

こんにちは。
副業・物販支援専門家の
後藤寛(ごとうひろし)です。


自社ブランド販売を行う場合、いい商品を作る事も大切ですが、ブランド力を高めていくことも大切です

 
アマゾンで自社ブランドを始めるのは相乗り防止が最初の理由になります。

 

実際、作ったばかりのブランドは知名度もなく売上には全くプラスになりません

 

しかし販売を続けて行く事でブランドが育ち、様々なメリットが生まれるようになります。

 

ブランド知名度を上げるには時間がかかり、その時間がそのままライバルとの差になります。

1、相乗り防止ができる


アマゾン販売を行う場合、ブランドを立ち上げる一番の理由はこれでしょう。

 

ブランド名を商標登録することで自分しかその商品を販売できなくなります。

 

仮にライバルセラーが相乗り出品してきても、アマゾンに申請する事で削除させることができます。


これであなたの商品ページで、

・価格競争が起き、利益がドンドン下がる
・カートを取られて販売数ダウン&広告非表示
・粗悪品を販売されての悪いレビュー

 

上記を回避し、安定して販売と利益を確保できます。

 

2、セールモンスターなどで販路を広げられる


アマゾンで自分だけ商品ページを作れば、セールモンスターなどの販路拡大ツールを使って楽天・ヤフショ・Qoo10などで自社ブランド商品を販売できます


セールモンスターは以下のURLから登録すると100商品まで無料出品できるので、やらない理由はないです。


セールモンスターについて


複数の販路で販売する事で売上がアップする上に、自社ブランドの知名度アップにつながるので3の効果をさらに高めることができます。

 

3、ブランド力が上がるとタオバオ・アリババからの単純転売でも売れまくる

自社ブランドで商品を売り続けていると、自然とブランドの知名度が上がっていきます。


そうなるとブランドのファンが増え、
「このブランドが販売しているから安心」
という理由で購入してくれるようになります。


こうなると、自社ブランドは一気に加速します。


今まではOEMで差別化していていましたが、タオバオ・アリババの商品をそのまま販売してもバンバン売れる様になります。
(もちろん品質のしっかりした商品である事が前提です)


ライバルより高くしても
「このブランドなら保証や品質がしっかりしている」
と思われ売れていきます。


ブランド力は一朝一夕で身につくものではないですが、
それだけにライバルにとって大きな参入障壁になります。

 

最後に

  • 最初は相乗り防止のために商標を取得する
  • ブランドは最初は知名度はない
  • いい商品を販売し続けることでブランド力が上がる
  • ブランド力が上がれば、タオバオ・アリババの商品をそのまま販売しても売れていく

 

ブランドは最初は相乗り防止のために行い、将来的にはブランド力で商品を売れる様育てていくことが大切です。

 

タイトルとURLをコピーしました