【Amazon】スポンサープロダクト(SP)広告を活用して売上を最大限アップさせる方法

リサーチ

こんにちは。
副業・物販支援専門家の後藤寛(ごとうひろし)です。

 

自社商品の売上を加速させたいなら、今は広告を打つのは当たり前になっています。

 

広告は商品の露出を上げてより売れやすくなり、売り上げや利益を爆増させる効果があります。

 

販路を広げる方法はセールモンスターを利用する手もありますが、シンプルに露出を増やす方法として広告は外せません

 

アマゾンで販売する場合、アマゾンのスポンサープロダクト(SP)広告を使う事をお勧めします

 

後藤寛
後藤寛

広告を制する者はAmazonを制します!

 

何故、広告を打つ必要があるのか?

まず前提として、広告は最初はほぼ必ず赤字になります

 

SP広告には主に以下の目的があります。

 

1、売上のアップ

2、露出度のアップ

3、優秀なキーワードの選定

4、不要なキーワードの除外

 

短期間の売上で考えると重要なのは1と2ですが、実は最も重要なのは3と4です。

 

優秀なキーワードを商品説明に加えることで検索による自然流入が増えますし、不要なキーワードを除外することで広告費を削減できます。

 

広告開始時は4が行われていないため、不要なキーワードが広告費を上げてしまいます。

 

そのため広告費がかかりすぎるからと言って、すぐ辞めてしまうのは非常にもったいないです。

 

大切なのは広告のデータ分析をして、1~4をより小コストで最大化する事です。

 

赤字でも広告を続ける理由と、赤字をなくす方法

 

アマゾンのSEOを上げるため

アマゾンは商品ページをクリックされたり購入されることでSEOが上がるシステムになっています。

 

そのため広告比率(Acos)が高くても、商品全体の売上を見ると十分利益が取れていたりします。

 

広告で商品がクリックされたり売れたりする→SEOが上がり、検索で1ページ目に表示される→検索で自然流入で商品ページをクリックして商品が売れる

 

という流れで広告なしでも自然に商品が売れる様になります。

 

広告レポートを出してキーワードを精査する

SP広告レポートの売上はあくまで広告経由で売れた数字なので、ビジネスレポートで商品の全体売上をしっかり確認しましょう。

 

アマゾンで広告レポートを出す場合、セラーセントラルのレポート→広告レポートをクリックすればダウンロードできます。

 

広告の精査に関してはデータを細かく見る必要があり、レポートの順番や色を変えたりして分析していきます。

 

商品が増えるとチェックするだけで一苦労なので、ツールを利用するのも手です。
Adaというツールを使えばそうした作業を全て自動で行ってくれるので、後はキーワードの選択だけ行えばよくなり時間を大幅に節約できます。

 

Ada
https://ashita-kaizen.com/p/r/jg3TmCXq

 

ADATOOL

 

ROIとROASを確認する

広告レポートの売上は、あくまで広告をクリックした人が購入したもののみです。

 

自然流入で売れた商品売上は計上されないので、広告レポート+商品ごとの全体売上もしっかり見るようにしてください。

 

売上や利益の総額から広告費を割る事で、ROI・ROASという数字が見えてきます。

 

ROIとは利益から広告費を割って出る指標です。

計算式
ROI=利益÷広告費(投資コスト)

例えば利益10万円の商品の広告費が1万円かかっている場合、

100,000÷10,000×100=1,000

となりROIは1000%、つまり広告費1円に対して10円の利益が発生することになります。

 

ROASは、広告費から広告経由の売上を割った数字です。
こちらはAmazonのAcoSが該当するので自分で計算する必要は特にないです。

ROAS(AcoS)の数字が商品の利益率を上回っている場合、広告で商品が売れても赤字という事になります。
 
この場合はROIを見て、その広告を継続するか辞めるかを判断していきます。

 

除外キーワード設定で無駄な露出を抑える

SP広告では除外キーワード設定という、設定したキーワードを広告表示させなくなるシステムがあります。

 

除外キーワード設定を利用する事で余計な広告費をなくし、売れるキーワードだけに資金を全力投球することができます。

 

除外キーワードを設定するのは、広告キャンペーンマネージャーから該当する広告をクリックして、

「除外キーワード」→「除外するキーワードを追加」を選択します。

 

この除外キーワード設定を1~3回も行えば、広告費は大幅に削減できます。

 

広告費を最初から削減したい場合の方法

資金をなるべく使いたくない場合、セラースプライトなどのキーワードボリューム確認ツールを使って最初からキーワードを絞る方法もあります。

セラースプライト

セラースプライト利用プラン | - アマゾンキーワード最適化、ビッグデータで商品リサーチの専門家【公式サイト】

 

有料のツールですが、キーワードの規模や商品販売数をかなり細かく理解できるので、モノレートが終了となる7月以降に有効なツールとして注目です。

 

以下のクーポンコードで割引されるので、よければ利用してください

月間割引クーポンコード(一ヶ月目)
NEWRE70

スタンダード会員:20ドルOFF
アドバンス会員:50ドルOFF
VIP会員:70ドルOFF

年間プランクーポンコード
NRDC65

35%OFF

利用期限:登録日より十四日 

 

まとめ

  • 自社ブランドの売上を上げるために広告は必須
  • 広告は最初は基本的に赤字
  • 精査することによって広告費は大幅削減できる
  • 優秀なキーワードは商品ページに追加
  • 不要なキーワードは除外設定でコスト削減
  • ROIを意識して利益を拡大する

 

広告の使用や精査をやりたがらない人が多いですが、非常にもったいないです。

 

広告をうまく活用すれば売上・利益の拡大と優秀なキーワード集めが同時にできるので、しっかり理解してビジネスに活かすべきです。

 

タイトルとURLをコピーしました