夏向けグッズは仕入れない方がいい理由

中国輸入

こんにちは。

副業・物販支援専門家の後藤寛(ごとうひろし)です。

 

7月に入り、夏向けの商品需要が伸びています。

・蚊よけグッズ
・水鉄砲
・扇風機

上記の需要が急激に上がりますが、正直仕入れはお勧めしません。

 

今年はコロナの影響により、水着のような旅行・外出向けの商品の需要がかなり落ちています。

 

扇風機のような室内で使う物や日常生活で使うものは例年通りなので、そちらが売れている感じです。

 

コロナの第2波もほぼ来ている状態なので、やはり今年の外出向け商品はかなり向かい風の様です。

 

すでに取り扱い始めている人は、早期の現金化も検討したほうがよさそうです。

 

夏に売り切るというなら別ですが、自社ブランド販売には不向きです。

 

上記の商品はシーズンが終わると一気に売れなくなるので、遅くても8月中旬くらいまでには売り切らないと1年間不良在庫になります。

 

またこうした商品はシーズン3か月前に販売スタートしないとSEO対策が間に合わず、売れ残る可能性が高いです。

 

夏向け商品を新規出品する場合4~5月には仕入れをするべきなので、6月仕入れではもう遅いレベルです。

 

これはあくまで自社ブランド販売の場合の話なので、メーカー仕入れなど売れている商品ページにすぐ出品できる場合は今仕入れても問題ありません。
(いずれにせよ売り切りできる数量仕入したほうがいいですが)

 

自社ブランド販売をするなら毎年安定して売れる商品を扱った方がいいので、特需商品ではなく1年を通して売れる商品を取り扱いましょう。

 

↓ランチ1回分の価格でOEM販売を学ぶ↓

【初心者向け】副業で月収5~10万円以上を達成 & オリジナルブランドで長期間稼ぐ方法
https://amazon.co.jp/dp/4863675607/

 

 

タイトルとURLをコピーしました