【リサーチ】モノレート終了後に活用すべきツール2選

リサーチ

こんにちは。
副業・物販支援専門家の後藤寛(ごとうひろし)です。

6月30日でモノレートのサービスが終了するという、せどり・物販プレーヤーにとって衝撃的なニュースがありました。

 

モノレート閉鎖のお知らせ
https://mnrate.com/announce

 

 

モノレート(旧アマショウ)は長くアマゾンリサーチを支えてくれたツールで、私も欧米輸入していた2011年からずっと愛用してきました。

 

モノレートがなくなるとリサーチが難しくなるので、今回はモノレート終了後にオススメのツールを紹介します。

 

後藤寛
後藤寛

新たなツールを使いこなしてリサーチを進化させましょう!

 

モノレート終了後にオススメのツール2選

モノレートが終了した後ですが、以下の2つのツールの利用をお勧めします。

 

・Keepa
https://keepa.com

・Sellersprite(セラースプライト)
https://www.sellersprite.com/jp/price

Keepa

Keepaは海外のツールで、グーグルクロームの拡張機能として追加できます。

 

追加することでアマゾンの商品ページに自動でグラフが表示されるので便利です。

 

キーゾンというツールと合わせる事で、商品の月間販売数も表示できるようになります

 

キーゾン

Sellersprite(セラースプライト)

セラースプライトを確認する

セラースプライトは中国輸入・OEM/ODMに向いており、キーワードの確認や販売数の確認ができます

 

無料でも利用できますが、基本は有料ツールで月額$98が必要になります。

 

以下のクーポンコードを記入すると最大35%OFFになるので、セラースプライトを利用する場合はk津用してください。

月間割引クーポンコード(一ヶ月目)
NEWRE70

スタンダード会員:20ドルOFF
アドバンス会員:50ドルOFF
VIP会員:70ドルOFF

年間プランクーポンコード
NRDC65

35%OFF
利用期限:登録日より十四日 

 

活用すればビジネスを高速化できるので、どちらかを選択して利用していくことをオススメします。

まとめ

  • モノレートは6月30日に閉鎖
  • Keepa、セラースプライトを代わりに利用する
  • セラースプライトは自社ブランド販売でも活用できる

 

モノレートは無料でアマゾンのランキングデータを確認できる良ツールでしたが、アマゾンの規約に伴い今月終了となりました。

 

中国自社ブランドの場合キーワード選定ができるセラースプライトは活用したほうがいいツールなので、ここで思い切って始めているのもいいです。

 

セラースプライトの使い方はまた別の記事で紹介します。

 

タイトルとURLをコピーしました