【中国輸入】利益を上げたい時に試しておきたい1つの事

中国輸入

こんにちは。
副業・物販支援専門家の後藤寛(ごとうひろし)です。

 

物販で大きく稼ぐためには、売上と利益を上げる事が必要になります。

 

売上が上がればそれだけ利益率アップした時の利益額も大きくなります。
利益が高ければキャッシュフローが楽になります

 

後藤寛
後藤寛

売上・利益をアップさせるためにまずは●●をしましょう!

 

キャッシュフローを上げるためには売上と利益を上げるべし

 

物販でキャッシュフローを良くするには、売上と利益の2つを上げる必要があります

 

上記2つを上げるために必要なのは販路の拡大や広告を活用するのが効果的です。

 

販路の拡大とは、例えばアマゾンで販売していたら楽天やヤフーショッピング、メルカリなどに今扱っている商品を出品する事です。

 

顧客の中には楽天しか利用しない、アマゾンしか使わないという人もいるので、販路を広げればそれだけ売れる可能性が上がります。

 

また商品ページが複数できる事で認知度が高まり、メルカリのSold履歴を見た人がアマゾンで購入、というような事も置きます。

 

違うプラットフォームに出品するとなると大変ですが、今はAmazon倉庫に商品を預けていれば、楽天・ヤフショなど複数の販路に販売してくれるサービスもあります。

アマゾン出品商品を別の販路で販売する方法
セールモンスター(PDFによる詳細です)
https://bit.ly/2Dmzmvb

登録はこちらから
https://bit.ly/36Jctza

 

広告はAmazonのスポンサープロダクト広告やグーグル広告を活用する事で露出度を上げる方法です。
広告を利用する事で、あなたの商品に興味がある人に積極的にアピールができるので、売上を爆発的に上げることができます。
(赤字にならないよう広告の精査は必要です)

 

商品ページの改良など他にもできる事はありますが、大きく売上を上げるのは上記2つです。

 

ただ、そういう手間のかかる作業をする前に行ってほしいのは、商品の値上げです。

 

価格アップで利益を倍増させる

自社ブランド販売の場合、最初は可能な限り安く販売してSEO対策を行います。

 

アマゾンなどのプラットフォームでは「売れる商品=いい商品」と判断され、検索されやすくなります。

 

いわゆるSEO対策になるため、まずはセール価格で販売して評価を集めるのが一般的です。

 

しかしずっと安売りしていても手元にお金が残らないので、いつかは価格を上げる必要があります。

 

価格を上げると売れなくなるかも…

 

と不安になっていつまでも値上げができず、利益の低いor出ない商品を売り続けて苦しい思いをしている人も多いです。

 

利益が出ていても、類似品を販売しているライバルと同価格以上にはアップできないセラーもいますが、非常にもったいないです。

  

タオバオやアリババにあるものをそのまま販売している場合は難しいですが、改良してライバルよりワンランク品質や機能が上の商品を開発しているのなら、むしろ価格を上げるべきです。

 

品質が高いのに安い=詐欺では?

 

と疑うお客さんもいるので、いい商品を安く売っているとむしろマイナスイメージになります。

 

あれこれ悩むより思い切って値上げをしてみて、販売数や利益が下がるようなら価格を戻せばいいだけです。

 

大切なのは、販売後はデータを見て分析を繰り返す事です。

 

価格を少しずつ上げて様子を見て、それでも販売数の減少がなければさらに価格アップして、適正な価格を見つけましょう。

 

1日何個も売れる商品なら、数百円の売値アップでも月単位・年単位で考えれば大きなプラスになります。

 

例えば売価1000円・利益300円の商品を1300円まで値上げができたら、利益は倍の600円になります

 

その商品が月100個売れるなら月間9000円、年間9万8000円の利益アップになります。

 

このような商品が10商品あれば、同じ商品を販売していても年間98万円の利益アップです。

 

値上げは今すぐできる改善方法なので、まずは行ってみる事をお勧めします。

  

無料セミナーではその点についても触れているので、今売っている商品の価格を上げる決断ができずに悩んでいる人は参加してみてください。

 

2020年4月17日(金)、19日(日)オンラインセミナー
https://myfm.jp/NGatew/rc/4c7a32/anonymous6018
※無料で参加できます
※オンラインセミナーなので在宅で参加できます。

 

まとめ

  • 売上と利益を上げることでキャッシュフローがよくなる
  • 価格を上げると、利益が倍増してお金が手元に残る
  • 新商品を扱うより、まずは今の商品の手直しを行うべし

 

値段を上げる=利益アップ、そして経営の安全化に繋がるので、まずは取り組んでみましょう!

 

トライ&エラーで調整して、売上と利益がバランスよく取れる価格を模索しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました