【固定費無料】販路拡大ツール「hanro+」でノーリスクで売上アップさせる方法

中国輸入
今回の記事を読んでわかる事
✅固定費無料&完全ノーリスクで販路拡大する方法
✅販路拡大サービス「hanro+」のメリット・デメリット
✅セルモンとhanro+、どちらを使うべき?

 

こんにちは、「人には教えたくない脱社畜マニュアル~手堅く稼げる中国輸入の極意~」著者、後藤寛です。

 

現在私は販路拡大ツールとして、固定費無料で使用できる「セールモンスター」を活用しています。

 

【関連記事】→ 【販路拡大】セールモンスターの 登録特典が付きます 【300商品出品無料】

セールモンスター(PDFによる詳細です)
https://bit.ly/2Dmzmvb

登録はこちら(下記URLからの登録で300商品無料で出品できます)
https://bit.ly/36Jctza

※10→300商品に登録数が増えるまで多少時間がかかります。

 

セルモンはアマゾンFBAで販売している商品を、楽天・ヤフショ・Qoo10などの8つの販路で販売してくれます。

 

商品登録するだけで出品・配送・顧客対応を全て行ってくれるので、手間をかけずに販路拡大したい人は必ず使うべきサービス。

 

私も最近セルモン売上が伸びており、今月は100万円突破する勢いです。

セルモン2022年8月20日時点の売上

 

そして2022年3月からセルモンと同じAmazon公認の販路拡大サービス「hanro+」もスタートしました

hanro+のURL

登録ページ
EC販路拡大が無料でできる販売代行サービス|hanro+(ハンロプラス)
hanro+(ハンロプラス)はamazonFBAで保管・販売されているお客様の商品を楽天市場・Yahoo!ショッピング・Qoo10・au PAY マーケット・自社運営サイトなどで同時販売するEC販売代行・販路拡大サービスです。
公式ページ
EC販路拡大が無料でできる販売代行サービス | hanro+(ハンロプラス)
hanro+(ハンロプラス)はamazonFBAのお客様の商品を楽天・Yahoo!ショッピング・Qoo10・au PAY マーケット・自社運営サイトで同時販売するサービスです。

 

hanro+も「固定費完全無料」「出品・配送・顧客対応」すべてをノーリスクで行ってくれる魅力的なサービス。

 

シンプルに売れる確率がアップするので、セルモン・hanro+両方に登録するべきと断言できるレベルです。

 

今回の記事ではhanro+の特徴や魅力、メリット・デメリットについて解説します。

 

AmazonFBAを利用してる人はすぐ&ノーリスクで販路拡大できる

hanro+は今すぐに無料で販路拡大できるサービスです。

アマゾン公認ツールであり、Amazonと連携して在庫管理やマルチチャネル配送手配を行ってくれます。

 

✅楽天市場
✅Yahoo!ショッピング
✅Qoo10
✅au PAYマーケット
✅自社運営サイト

 

現在、上記の5つの販路に同時販売可能で今後も増加予定。

 

hanro+に商品登録を行えば、後は自動的にアマゾンと同じタイトル・画像・説明文を作って出品してくれます。

商品が売れればアマゾンのマルチチャネル配送サービスを手配してくれるので、私たちがする事は何もありません。

 

FBAの在庫数と連携しているので、「在庫切れの商品を出品したままにして販売」という心配も不要。

 

つまりアマゾン「FBAを利用する=楽天やヤフショ販売の完全外注化が完了」という物販プレイヤー夢の図式が完成するわけです(笑)

 

固定費無料の販路拡大サービス「hanro+」のメリット・デメリット

 

「hanro+」のメリット

 

楽天の出店費用やヤフショの審査が不要

楽天に出店する場合、最低でも毎月19,500円支払う必要があります。

出品数や画像容量には制限がありますし、そもそも出店審査に合格しないと販売自体ができません。

 

「hanro+」を利用する事で出店審査や固定費無料で販売できるので、初心者や資金が少ない人でも気軽に始める事ができるのは大きな魅力です。

 

出品枠に制限なし

セールモンスターは出品数に制限があり、無料枠の10商品を超えたら出品枠を購入する必要があります。
私のURLから登録した場合は300商品まで無料)

 

「hanro+」には出品枠の制限がないので、登録したい商品が多い人に最適です。 

 

各モールの管理の手間がゼロに

販路を拡大すると、そのプラットフォームの管理が必要になります。

プラットフォームは規約が厳しく、配送や顧客対応が遅れるとSEOが下がったり、最悪アカウント停止になって売上ゼロになることも…。

 

「hanro+」を使えばすべての対応を外注化できるので、アカウント停止リスクの心配から解放されます

 

将来「hanro+」の倉庫に在庫を下ろしたり、オフライン販売の可能性も?

「hanro+」は「ロジスピ」という物流代行サービスも行っています。

 

2022年9月には「hanro+」と「ロジスピ」が連結し、「hanro+」があなたの商品を購入してそのまま販売してくれるかもしれません。

つまり卸業を「hanro+」が行ってくれ、ヨドバシカメラやイオンのような量販店にあなたの商品が並ぶ可能性も。

 

あくまで可能性ですが、物流倉庫を持つ「hanro+」ならではの強みと言えます。

 

「hanro+」のデメリット

疑問 質問 不安 まとめ 回答

ぶっちゃけ、デメリットはないです。

月額固定費がないので利益計算さえ間違えなければ損をする事はなく、そういう意味でもhanro+はめちゃくちゃオススメ。

 

商品が売れなくても商品・ストア・ブランド知名度拡大に繋がるのでそういう意味でもプラスになります。

 

強いて言うなら、アマゾンのマルチチャネル配送料を計算せず利益がマイナスにならないよう気を付ける事くらいでしょうか。

「セルモン」と「hanro+」どちらを利用すべきか?

Q&A 質問 疑問 回答

結論から言うと、「セルモン」と「hanro+」は必ず一緒に活用すべきです。

 

あなたが現在「セルモン」を利用している場合、「hanro+」に今すぐ申し込んで販売スタートさせましょう。

 

これは例えるなら、ヨドバシカメラでのみ販売されていたあなたの商品が、ヤマダ電機でも販売スタートしたようなものです。

 

「2つの販路拡大サービスを利用した」というより「卸販売先がもう一つ増えた」と考えるべきです。

 

両方ともAmazon公認ツールなので登録方法が似ており、どちらか一方使っているならスムーズに登録できると思います。

 

正直上記2つのツールは「使わない理由がない」レベルでメリットしかないので、アマゾンFBAで販売を行っているなら迷わず投入しましょう!

 

まとめ

・「hanro+」を使う事で固定費無料&完全ノーリスクで販路拡大が可能に
・メリットしかないのでアマゾンFBAを利用しているなら今すぐ登録を
・「セルモン」と「hanro+」を同時利用して更なる売り上げ拡大を目指す

 

いかがでしたか?

 

「hanro+」は固定費無料な上にノーリスクで販路拡大&売上アップを狙えるので、迷わず登録すべきです。

 

「セールモンスター(セルモン)」と同時利用して、さらなる売上拡大も狙うべき。

 

最後に2つのサービスURLを置いておくので、アマゾンFBAで商品販売をしている方は絶対に登録・販売を行って下さい。

 

hanro+のURL

登録ページ
EC販路拡大が無料でできる販売代行サービス|hanro+(ハンロプラス)
hanro+(ハンロプラス)はamazonFBAで保管・販売されているお客様の商品を楽天市場・Yahoo!ショッピング・Qoo10・au PAY マーケット・自社運営サイトなどで同時販売するEC販売代行・販路拡大サービスです。
公式ページ
EC販路拡大が無料でできる販売代行サービス | hanro+(ハンロプラス)
hanro+(ハンロプラス)はamazonFBAのお客様の商品を楽天・Yahoo!ショッピング・Qoo10・au PAY マーケット・自社運営サイトで同時販売するサービスです。

セールモンスター(PDFによる詳細です)
https://bit.ly/2Dmzmvb

登録はこちら(下記URLからの登録で300商品無料で出品できます)
https://bit.ly/36Jctza

※10→300商品に登録数が増えるまで多少時間がかかります。

 

ぶっちゃけ、やらないだけで損を垂れ流してると断言できるレベルなので、1秒でも早く始めさい

 

それでは!

 

【PR】中国輸入&OEM/ODMの無料LINE@講座を公開しています

 

中国輸入LINE@

無料講座を受ける

中国輸入は非常に安い価格で仕入れができ、メルカリ転売・Amazon販売がしやすく、自社ブランド販売で高利益&長期的に安定したビジネスができるので、めちゃくちゃオススメです!

 

まずはやり方を知りたいという方は、私のLINE@を登録して無料講座を受け取ってください。
(講座専用ラインなので、その後の勧誘や私のラインは一切届きません)

 

私の公式LINE@はコチラになります(最新ノウハウやブログ・SNS更新情報はこちらで公開しています。ユーザーIDで「@LZjUpLd」とID検索でも登録できます)

 

タイトルとURLをコピーしました