【貯蓄】固定費を下げて毎月3万円貯金する方法

マインドセット

こんにちは。

副業・物販支援専門家後藤寛(ごとうひろし)です。

 

どれだけ収入があっても、それ以上にお金をお金を使えば赤字で借金まみれになります。

 

人間はお金があればあるだけ使ってしまうので(これをパーキンソンの法則といいます)、支出を抑える事を常に考える必要があります。
 

 

後藤寛
後藤寛

毎月の固定費を抑えて生活をラクにしましょう!

固定費を抑えて毎月貯金できる状態にする

 

節約というと食費を削ったり旅行を辞める節約を第一に考えがちです。

 

もちろんそれも大事ですが、ずっと食事や遊びを切り詰めるのもストレスが溜まってしまいます。

 

無理なく続けられて金額も大きいのは、固定費を抑える事です。

 


固定費の削減については、こちらのURLでも触れています。 

 

固定費とは、家賃・水道・ガス・スマホ代など、毎月一定の金額がかかる費用の事です。

 

毎月お金がかかるという事は、その金額を抑える=毎月節約できる事を意味しています。

 

抑える金額が多いほど毎月の支出が少なくなり、その分貯金したり遊びに行ったりできます。

 

固定費は大体以下があります。

  • 家賃
  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代
  • ネット代
  • スマホ代

  

他にも個人的に契約しているもの(ケーブルテレビ代)なども固定費に含みます。
 

代表的な固定費の中で抑えやすく金額が大きいのは家賃・ネット代・スマホ代です。

家賃を節約する方法

生活費の大半を占めるのは、やはり家賃です。

 

賃貸物件の場合、サラリーマンは給与の 2~ 5割くらいは家賃に消えていきます。

 

フリーターなど給与の少ない人だと、収入の半分近く持っていかれる人もいるでしょう。

 

それだけに家賃の安い場所に引っ越すか、実家に戻ることでかなりの節約になります。

 

住む所だと利便性を考えて駅近にしてしまったり、見栄を張って広い部屋や高層マンションに住んでしまいがちです。

 

都内に住んでいる場合でも、千葉・埼玉・神奈川寄りの町に住めば家賃は安くなります。
東京都でも荻窪やそこから西の方に行くと家賃が安くなります。

 

都内付近なら電車やバスがたくさん出ていて移動もスムーズです。
むしろ23区内に住むと家賃が高い上に部屋も狭くなりますし、今はコロナウイルス感染のリスクもあります

 

私も上京したての頃はアルバイトなのに浅草近くの8万5千円の部屋に住むという愚行を行い、生活できなくなって掛け持ちのバイトを始めました。

 

仕事の都合で千葉に引っ越し、水道費込みで3万円という破格の部屋に住んだら一気に生活が楽になり、貯金もできるようになりました。

 

住む場所を変えるだけで5万円以上支出が減るので、この恩恵は大きいです。

 

お勧めなのは、勤め先の駅から(できれば)一本で行ける線から、多少離れた駅の近くです。
駅近といっても主要駅を離れれば家賃はかなり下がります。

 

車やバイク通勤をしているのなら駅から離れてもいいですが、近くにバス停やスーパーといった生活に必要な設備が揃っている場所がいいです。

 

ネット物販など在宅の仕事をしている場合は駅近である必要もなく、スーパーやコンビニが近くにあれば徒歩で買い物もできるので車も不要になります。

 

注意点としては、安いからと言って築年数の古い部屋は借りない方がいいです。

 

古い部屋はリフォームで見た目は綺麗になっていても、老朽化で虫が湧きやすくなっています。

 

上述の3万円の部屋は生活するには十分でしたが、ゴキブリやネズミは出るし、1日ゴミを放置するとすぐコバエが湧いてきました。

 

その後は築年数10年以内の部屋に住んでいますが、ゴキブリを見る事もなくコバエも出てきません。

 

家賃は安いに越したことはありませんが、自分の中の最低限の条件を満たしていないとストレスがたまるので注意が必要です。

 

また最近はネットが無料で利用できる賃貸物件も多く、住むだけでネット代を削減できる事もあります。

 

家賃が1万円安くなれば年間12万円、3万円下がれば年間36万円の節約になります

 

ネット代を削減する

ネット代は光回線などを利用すると開通工事が必要になり、電話代+ネット代で毎月1万円近くかかります。

 

モバイルwi-fiを利用すれば、工事不要な上にその日からネットをスタートできます。

 

私は現在SoftBank Airを利用していますが、月額4880円で通信制限もなく非常に快適です。

 

 

ネットをそこまで使わない場合、持ち歩きができるモバイルwi-fiが便利です。

 

外出時・帰省時・旅行時にも使用でき、

出先のフリーwi-fiを探す必要がなくセキュリティ面でも安心です。

 

私は民泊wi-fiを利用していますが、100GB対応なので非常に快適です。

通話料を半分にしてさらに生活を楽に

今はだれでもスマホを持つ時代なので、スマホ代の節約も重要です。

 

通常の契約より、格安SIMに乗り換えればスマホ代は今の半額になります。

私のオススメは エックスモバイルで、家族で利用すればかなり固定費を削減できます。

エックスモバイル
https://ex-pa.jp/et/p5P/17

エックスモバイル

 

まとめ

  • 固定費を抑えることで、無理なく毎月貯金ができる
  • 固定費は家賃・ネット代・スマホ代をまず行う
  • 家は都内や駅近ではなく、生活に不足がない範囲で済む
  • ネットは開設工事が必要なものよりモバイルwi-fiを使う
  • スマホは格安にして半額にする

 

例えば家賃を今より2万円安い場所に引っ越して、ネットをNTT利用からSOFTBANK Airに、スマホを格安SIMに変えたとします。

家賃 +2万円
ネット代 1万円→4880円(+5120円)
スマホ代 1万円→5000円(+5000円)

これだけで月3万120円、年間で36万1440円も支出が減ります。

 

お金を持っている人は贅沢はしますが、無駄な出費はしません。

 

小さな節約も積もり積もれば車を変える金額になるので、バカにせず取り組んでいきましょう!

タイトルとURLをコピーしました